GRのイイトコ、ダメなトコ

/Posted:2016.08.22

GR2を買ってから3ヶ月?4ヶ月?くらい経ちました。1000枚くらいは撮ったでしょうか?正確には確認してませんが・・・。僕的に良いところ、悪いところをまとめておきましょう。

good-1123013_640.jpg

「 ポケットの中の高画質」への期待は裏切られなかった

まずは良いところから。
もともとポケットに入れられるサイズで高画質のカメラがほしいということでGRを購入しました。これは期待通りでした。ポケットに入れるとちょっときつめになりますが、鞄のなかに入れても重さが負担になることもないですし、かさばらない。これは非常にありがたいです。後々、大きく伸ばしてプリントにも使えるものを撮れるということですから。

多少暗いところでもあまりノイジーにならないし、ダイナミックレンジも結構広いので輝度差があるシーンでも撮れる。そういうカメラを携帯している安心感は大きいです。 「これ撮りたい!」って思った時にカメラを持ってないとか、センサーの小さいカメラしかないなんてことになると、テンションだだ下がりです。

「今日は撮らないかもしれないな…」そう思っても意外と撮りたくなるシーンに出会うこともあるんです。とりあえず持っておくことができる、このカメラのもっとも素晴らしい点です。

また、解像感の高さも良い点です。センサーに最適化されたGRレンズとローパスレスセンサーの組み合わせは、遠景の詳細まで写し出します。これはレンズ交換式では実現できないレベルかもしれません。

色再現、ホワイトバランス、AFがいまいち

次は悪い点です。悪いって言うとかわいそうなので、ダメな点です。
解像という点での画質は良いんですが、色作りがあまり良くないんです。室内や日陰、曇天でのオートホワイトバランスはあまり良好出はありません。人工光源では条件によっては随分とアンバーに傾くことがあります。

色は結構あっさりめですが、そのわりにはコントラストが低いというわけではありません。光線条件によっては、渋すぎたり、眠すぎたりとなかなか難しいです。また、露出も空の色に引っ張られやすいので、屋外ではアンダー露出になり気味です。

そしてマルチAFはなかなか期待通りのところで合焦してくれないことが多いです。ポイントが9点しかないのも今時は少ないですね。「こんなシーンで外すの!?」なんてことがたまにあります。確実に会わせたいときはピンポイントAFで合わせてからフレーミングを変えるようにしています。フルオートにすると顔認識が動作しますが、顔認識の開始が遅い・・・。

撮って出しは期待せず、DNGから現像がベスト

イイトコ、ダメなトコをを書いてきましたが、これだけの写りとサイズを両立しているものは他にはありません。唯一の存在といっていいでしょう。しかし、色やAFなど欠点もあるので、万能でないことも確かです。

色やホワイトバランスなどは、DNGからRAW現像すればどうにでもなるので、撮って出しでのハイクオリティを期待しなければNo Problem。AFは工夫と慣れでしょうか。フォーカスは「スナップ」で1mや2.5mあたりに設定して、絞りを絞って・・・撮る。そんなフィルム時代と同じ撮り方もありですね。

GR3はあるのか?

今後、GR3は出るんでしょうか?公式のGR BLOGも終了してしまっているので、微妙な雰囲気・・・。もし、GR3が出るのであればAFは改善してほしいですが、リコーイメージングはミラーレスに力をいれていないので、コントラストAFの高速化技術はそんなに高くなさそうです。あまり期待しないで待ちましょうか(意外とすごいものが出てきたりして)。

 
リコー GRII WORLD―GRはGRを超えてゆく。 (日本カメラMOOK)

日本カメラ社 (2015-10-26)
売り上げランキング: 45,539

JUGEMテーマ:デジタルカメラ

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)