GR2のファームウェアを3.00にアップデートしてみた | Photograph days  

GR2のファームウェアを3.00にアップデートしてみた

/Posted:2016.08.20

7月にGR2の最新ファームウェアがリリースされていました。ようやくアップデートしましたよ。今回リリースされたバージョンは3.00ですが、それまで2.00にアップデートしてませんでした・・・。だって、面倒くさくて・・・。 今回は他のカメラもファームウェアアップデートがあったので、この際全部やっちゃえ!ってことでアップデートしました。そうじゃなきゃ、アップデートしなかったかも・・・。

ricoh gr2

3.00ということで、いわゆるメジャーバージョンアップということになります。不具合の修正よりも機能拡張に重点が置かれているということですね。さて、今回のアップデートはどんなもんでしょう。

メーカーサイトでは下記のように記載されています。

  • +/-ボタンによるMF操作
    アップダウンダイヤルに加え、+/-ボタンでもマニュアルフォーカスの操作ができるようになりました。
  • [フラッシュボタン設定]
    フラッシュボタンにFn1 / Fn2 / Effectボタンと同様に、機能を登録できるようになりました。
  • [MFアシスト表示]
    [MFアシスト表示]が追加され、 [ON]を選択するとマニュアルフォーカスの操作中に自動でMFアシストが表示されます。
  • [水準器表示]
    [水準器表示]が追加され、[タイプ1][タイプ2]から選択できます。
    [タイプ1]: 従来のデザイン
    [タイプ2]: GR Digital IVの水準器表示をベースとしたデザイン
  • [露出情報表示]
    [露出情報表示]が追加され、[常時][半押し]から選択できます。
    [常時]を選択すると、測光した露出値が撮影画面に常に表示されます。

Firmware Update Software for GR II|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア | RICOH IMAGING より

リコーイメージングはアップデート内容を詳細に説明したPDFも用意してくれるので、分かりやすくて助かります。
GR2 Version 3.00 PDFマニュアル

さて、実際このアップデート内容ですが、特に嬉しくないかも・・・。確かに機能追加されてはいますけど、これによって操作性が向上したり、パフォーマンスが向上したりというのがすくなくて・・・。フラッシュボタンがファンクションボタンとして設定できるようになったのはよいですが、今さら感も・・・。最初から十字キーはカスタムできるようにしてしまえばよかったのではないでしょうか・・・。

水準器のデザインが選択できるようになっても・・・、コンバージョンレンズは持ってないし・・・。オートフォーカスのポイントを増やすとか、ピント精度を向上させるとかそっのほうがうれしいんですけど・・・。コントラストAFであれば、ソフトウェアでAFアルゴリズムを変えたりできるんじゃないかと思うんですが。

まぁ、自分が現状のGR2に慣れてしまっているので、特に必要としていないということなんでしょうね。カメラは慣れてしまえばある程度の不便はカバーできるようになります。例えば、ファンクションボタンが3つしかありませんでしたが、ADJレバーの設定を素早くできるようになってからは、不便を感じなくなりましたし。
 

富士フイルムのXシリーズみたいに、AFシステムを大幅に変更とかそういうレベルのアップデートがあると、インパクトも多いし、ユーザーが受ける恩恵も大きいと思います。とはいえ、GFはあくまでコンデジなので、収益性を考えるとそこまでできませんか・・・。

個人的には、今の操作性で特に不便を感じていなくて、慣れてしまっているのであれば、わざわざアップデートかけなくてもいいんじゃないかなと思います。こっそり不具合修正とか入っているかもしれませんけどね・・・。

JUGEMテーマ:デジタルカメラ

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)