どちらがよいの?ダブルフラッグシップのX-T2とX-Pro2の6つの違い | Photograph days  

どちらがよいの?ダブルフラッグシップのX-T2とX-Pro2の6つの違い

/Posted:2017.05.25

X-Pro2、X-T2は「ダブルフラッグシップ」と位置づけられています。画質も同じ、防滴防塵なども同じです。しかしながら、方や光学式ファインダーを搭載、方や高速フレームレートによる滑らかなEVFを搭載など、異なるポイントも存在します。どちらを選ぶべきか、今回は比較ポイントを6つにまとめます。

X-Pro2とX-T2を性格づける6つの違い

1.動画機能

  • X-T2 :
    10分までの4K動画撮影、ブースターグリップ使用で30分まで撮影可能。
  • X-Pro2 :
    約8分までのFullHD(60p)動画。

2.ファインダー

  • X-T2 :
    236万画素、0.77倍の有機ELファインダー。最大100fpsの高速フレームレート。
  • X-Pro2 :
    光学式と236万画素のTFT液晶EVFのハイブリッド(切り替え)ファインダー。光学ファインダーでも露出バーなどの各種情報が表示可能。また、右下に小さくリアルタイム画像を表示できる"アドンスト・ハイブリッドビューファインダー"となっている。
    光学式は0.6倍と0.36倍に倍率を変更可能(それぞれ35mmと28mmに最適)。EVFは0.59倍。

3.エルゴノミクス

  • X-T2 :
    一眼レフと同様、中央に配置されたファインダー(EVF)。ズームレンズに最適化され、縦位置グリップも利用可能。
  • X-Pro2 :
    ボディ左上に配置されたファインダー、右手だけで操作するために、すべて右側に配置されたボタン、ダイヤル。

4.スピード

  • X-T2 :
    連写:最大14コマ/秒(電子シャッター)、11コマ/秒(メカニカルシャッターおよびブースターグリップ)、8コマ秒(メカニカルシャッター)、5コマ/秒(EVF最大フレームレートを維持する場合)
    カードスロット:デュアルスロットでUHS-2のSDカードに対応
  • X-Pro2 :
    連写:最大8コマ/秒(オートフォーカス追従)、3コマ/秒(EVF最大フレームレートを維持する場合)
    カードスロット:デュアルスロットのうち#1のみUHS-2対応。

5.バッテリーライフ

  • X-T2 :
    バッテリーグリップを利用することで、最大1000コマまで撮影枚数を拡張できる。単独では新しいバッテリーNP-W126Sを使用して340枚まで。
  • X-Pro2 :
    EVF使用時は250枚、OVF使用時で350枚まで。

6.テザー撮影

  • X-T2 :
    テザー撮影機能によりPC上で撮影時の画像を確認しながら撮影したり、撮影後のデータをPCにリアルタイムで保存して表示したりすることができる。
  • X-Pro2 :
    テザー撮影機能なし。

富士フィルム的すみ分けは?

自分がどういう写真を撮るのか、どういうスタイルでとるのかが選択の分かれ目になるわけです。富士フイルムとしては…

  • X-Pro2
    ストリートスナップ、ルポルタージュ
  • X-T2
    スポーツ、ネイチャー、ワイルドライフ、ポートレート

というように考えているようです。また、X-Pro2は単焦点レンズ向き、ズーム特に望遠系は向かないのでX-T2の方が適していると言っています。

分かれ目は光学ファインダー、バッテリーグリップ、テザー撮影か

X-T2の機能はより映像や静止画像共に高度な制作に必要な機能が盛り込まれていると考えて良さそうです。バッテリーグリップにより連射枚数が大幅におおきくなったり、連続して撮影できる時間も長時間化します。また、テザー撮影などスタジオで必須の機能。そして、4K動画。

一方でX-Pro2はこれらの機能はないものの、ハイブリッドビューファインダーという非常に個性的なデバイスを奢られ、操作もすべて右側に集約されているなどストリート向けに注力しています。スタジオ向きの格好ではないですしね。

このハイブリッドファインダー、いえ光学式ファインダーの最大の利点は「ブラックアウトがないこと」これに尽きます。視野率が100%でなかったり、パララックスが存在したりと完璧ではないにはいかないという弱点もありますが、それでも素どうしのファインダーで被写体を見るという行為がX-Pro2を使う意義なのだと思います。

また光学式ファインダーは電源OFFでもフレーミングを確認できるという利点があります、フレームが表示されませんが・・・。それでも見えないよりは断然良いです。ファインダーをとりあえず覗いてみて、どう写るかを見てみる。X-T2にはできない技です。

まとめ:光学式ファインダーを使って撮影するためにX-Pro2を買う!

だいたいの機能において、おそらくX-T2のほうが高機能で便利なものがあるのでしょう。フラッグシップのどちらがよいか悩んだらX-T2を買っておけば、特に失敗はないでしょう。X-Pro2を選ぶ理由は光学式ファインダーに魅力を感じるかどうかです。

このスタイルでサクサクとスナップを決めていくスタイルができる、やりたい、向いているのならX-Pro2を今すぐ選ぶべきですよ!

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2
富士フイルム (2016-03-03)
売り上げランキング: 74,939
FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B
富士フイルム (2016-09-08)
売り上げランキング: 10,842

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)