Photograph days  

GRⅡの買取価格をしらべよう

/Posted:2017.05.06

GRとさようならすることにしましたが、さて、どこにドナドナしてもらうかが問題です。友人で欲しい人がいれば中古で買うより安くゆずりますが、今のタイミングはいなさそうなので普通にカメラ屋さんに買い取ってもらいましょうか。

GRとお別れしよう・・・

/Posted:2017.05.03

このブログを始めた頃、GRIIを購入して撮影を再開しました。それまで体調が悪かったりしてなかなか外にカメラを持ち出せるほどで無いときに、GRIIの軽さ、小ささが撮影を後押ししてくれたのでした。

しかし、残念ながらそんなGRとも別れのときが・・・。

RICOH デジタルカメラ GRII APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175840

富士フイルム X-T2&XF16mmをお供に仙川まで散歩

/Posted:2017.05.03

千歳烏山から隣の仙川まで、ちょっと散歩です。隣の駅まで散歩しながら写真を撮って、行った先で買い物したりお茶したりは僕の日常になりつつあります。千歳烏山も便利ではあるんですが、仙川には島忠のホームセンターがあったり、クイーンズ伊勢丹、西友、丸正など複数のスーパー、そしてスタバや猿田彦珈琲などの喫茶店が多くあります。千歳烏山に無いものが仙川に見事に揃っているんです。

南烏山から上祖師谷、そして仙川へ
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f11.0, 1/125,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

写真表現 中村教室に通いはじめました

/Posted:2017.05.02

通い始めたと言っても、以前通っていたことがあるので再開?的な感じです。2009年に通い始め、2014年までずっと続けていました。そこで一旦他の写真学校(写真教室)のゼミ(安達ロベルトゼミ)を受講し、その後は写真教室からは遠ざかっていました。

富士フイルム X-T2&XF16mmで調布を歩く

/Posted:2017.05.01

僕が住む千歳烏山は世田谷区内の京王線の駅として最も西の駅になります。もう一駅先の仙川駅からは調布市に変わります。仙川駅周辺は再開発された街なので、島忠があったり無印やスタバなど千歳烏山より新しいお店が多く、結構よく足を運びます。

今回はその調布市を久しぶりにぶらっと歩いて写真を撮りました。スタートは国領駅。そこから北西方面に向かって歩きながらぽちぽちと行きました。お供はX-T2とXF16mmの本気の風景セット。最新のセンサー登載ボディと、本気の高画質レンズってなわけです。

X-T2 XF16mm f1.4
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/350,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

ブログデザインを2カラム化しました

/Posted:2017.04.29

ようやくデザイン変更に着手できました。ずーっと変更したいと思いつつ、記事を書くことや写真関連の活動を優先していたので、デザインは後回しにしていました。ずっともやもやしてましたが、えいや!っとなんとか片付けました。

元同僚がつくる東京産ハチミツ

/Posted:2017.04.28

以前ITベンチャーに勤めていたんですが、ベンチャースピリットがある人たちが集まっていたせいなのか、そのなかからITじゃない世界に飛び出していく人もいます。最近は一人養蜂家になっていました。

そんな彼のつくるハチミツが吉祥寺で手に入るということで、吉祥寺に行く用事のついでに買いに行ってみました。

balance Tokyo Honey

generated by FlickURL

富士フイルム XF16mm F1.4 R WRの写りがとってもいいぞ

/Posted:2017.04.27

先日X-T2と一緒に購入したXF16mm R WR。むしろこのレンズが欲しくなって、それに合わせてX-T2を買ったと言っても過言ではありません。

「え?何がいいの?」って話ですよね。もう発売から2年程経っており、特に今になって新たな事実が明るみになったといことでもないのですが。たまたま、すげーいいレンズだということに気付いたというお話です。

X-T2 & XF 16mm R WR
Photo by Tomoya Kurashige
generated by FlickURL

富士フイルム X-T2のダイナミックレンジ拡張機能を検証してみた

/Posted:2017.04.25

富士フイルムのデジカメには「ダイナミックレンジ拡張」という機能が備わっています。これによって、主にハイライト側の白とびを軽減することができます。

他社でも同様にシャドウが暗くならないようにする機能やハイライトが飛ばないようにする機能はあります。富士フイルムでも「シャドウトーン」「ハイライトトーン」という設定値によって操作することが可能です。

今回はダイナミックレンジ拡張機能を中心にその効果や引き換えにどういったデメリット(暗部ノイズを想定しています)があるか検証してみたいと思います。

X-T2のファームウェアを2.0にアップデート。機能アップはいかほどに? 〜その1 感度設定編〜

/Posted:2017.04.23

先月末にリリースされたファームウェアVer 2.00。リリース直前にメディアに乗ったりしたこと、いままでも富士フィルムはファームウェアアップデートを機能追加をたくさんしてきたことなどから最新ファームウェアにかなりの期待をしてしまいます。

遅ればせながら僕もアップデートをしてみたので、アップデートの結果どう変わったのか、使い勝手が向上したのかレポートしたいと思います。今回はISO感度周りの機能についてです。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B