Photograph days  

富士フイルムのRAW現像が悩ましい。Lightroomのデモザイク処理がうまくない?

/Posted:2016.04.09

今までデジカメで撮影してプリントをする場合には、必ずRAWで撮影してLightroomでレタッチしてきました。
しかし、メインの撮影機材が富士フイルムに変えたところ、どうもRAW現像でなんか変な感じがする・・・。

どうもシャープでない。黒いものが黒くない・・・。?


そこでちろっとググってみる。すると、LightroomやRAW File Converter(富士フイルムが公開しているRAW現像ソフト。SILKYPIXの機能限定版。)はあまりよろしくない、というネタに遭遇した。日本のブログ等ではそういった内容はそれほど出てこないのだが、海外のブログやフォーラム等では結構な数が出てきた。

大体の記事は富士フイルムがミラーレスに参入した初期の時点のものや、LightroomやRAW File Converterがフィルムシミュレーションに対応するよりも以前のものが多かった。
自分で確かめるしかないと思い、まずはシャープネスから確認して見た。


オーディオテクニカのイヤホンケース AT-HPP300を買う

/Posted:2016.04.07

イヤホンをゼンハイザーのCX3.00に新調したのに合わせて、イヤホンケースを買った。
かばんの中とかで絡まっちゃったり、イヤーピースが取れちゃったりめんどくさいことになるので、
今回はそんな思いをしないように購入してみた。

購入したのはオーディオテクニカの AT-HPP300。

イヤホンを新調。ゼンハイザーCX3.00

/Posted:2016.04.06

iPhone SEを買う気満々だった時期に、この際だからイヤホンも新しくしようと思い立ち、買い換えた。調査、視聴した結果ゼンハイザーのCX 3.00というイヤホンにした。
以前のイヤホンよりも断然良い。
 

オリンパスから富士フィルム X-T10へ。メーカー変わると大変。

/Posted:2016.03.13

わけあってオリンパス ペンを手放しまして、富士フイルムのX-T10に乗り換えました。ずっとオリンパス党だったので、馴染めるかどうか不安なんですが・・・。


X-T10 / sunatomohisa

世田谷図書館に行こうとして、豪徳寺に出る

/Posted:2016.03.10

世田谷図書館は世田谷区の中でも大きな図書館。蔵書も多く、以前エグルストンの写真集を見に足を運んだことがありました。

下高井戸で世田谷線に乗り換える予定でしたが、お昼も近い時間だったこともあり、下高井戸駅周辺で写真を撮りながらぶらぶら歩くことに決定。

その決定のために、ついつい歩き続けてしまう…。全く土地勘のないところを歩き、途中で流石にお腹が減ってきてスマホで現在地を確認。経堂が近いことがわかり、とりあえず向かう。経堂から世田谷線の方に向かって歩いて、当初の目的地である世田谷図書館に向かうことに。

でも、経堂でなんとも食べたくなる店もなく、そのまま歩き続けて、世田谷線の線路にぶつかる。さて、駅はどっちだ?と思いながら線路沿いに歩いてみました。結果、豪徳寺でランチをしている僕がいます。

 

 

豪徳寺駅近くのCONAというお店。選んだのはグリルハーブチキンプレートランチ。なかなか美味しゅうございました。上の写真のメインの他にサラダとドリンクが付いて900円。良いんではないでしょうか。

その後はなんとなく、めんどくさくなったので世田谷図書館行きを中止して、ここで本を読んで帰宅することに。
そういえば豪徳寺に来たのは初めてでした。世田谷区に住んでいるものの、あまりメジャーなところには行ったことがないんですよね…。

Spyder Printでプリンタープロファイルを作成

/Posted:2016.03.10

現在、撮りためた写真のプリントに向けて一生懸命準備中。そのうちの一つの工程としてプリンタープロファイルの作成をようやく終えましたー。

最終アウトプットはインクジェットプリンターによるプリント。それまでにPhotoshopやLightroomでの修正をするわけですが、その前にモニターとプリントの色がをできるだけ近くなるようにします。

近づけるだけなら、モニターキャリブレーションツールを使って、あるいは使わずにモニターのOSDでプリントに合うように設定を変えてあげればいいんです。顔料プリンターの場合は概ねプリンタープロファイルが用紙メーカーから提供されているので、プリンターとのマッチングはそれを使います。※カラーマネジメントについては、この記事では詳細には触れませんので…。
 
しかしながら、このメーカーが出しているプロファイルというのが概ね納得が行かない・・・。黒が締まらない、色が浅い、青(シアン?)っぽい。そこでプリンタープロファイルを作成することで、その用紙とプリンターで適切なカラーやコントラスト、濃度を出せるようにしてあげます。

 
Spyder PrintはDatacolorが販売する、プリンタープロファイル作成用のソフトウェアと測色機です。X-riteのi1のほうが有名ですが、お高い・・・。SpyderPrintのほうがもう少しライトユーザー向けでしょうか。


 

写真集:「 西蔵(チベット)より肖像 」(有元伸也 )

/Posted:2016.03.08

先日調布パルコに行ったら催事場で古本市をやっていた。ぶらーっと見ていたところ、一冊の写真集が目に止まる。それが有元伸也の 「西蔵(チベット)より肖像」だった。


 

富士フイルム XQ1の帰還

/Posted:2016.02.23

XQ1帰ってきましたー。

ナンノコッチャですね・・・。2年くらい前に購入したんですが、修理に出してたんですよ・・・。

DSC_0144.jpg

EVF(エレクトリックビューファインダー)は液晶と有機ELでどう違う?

/Posted:2016.01.17

少し前の記事 ([記事]E-M10 mark? って買いなの?:ミラーレス一眼でぶらっと出撃。)でE-M10 mark ?ではEVF(エレクトリックビューファインダー)に有機ELが採用されたことを書きました。
で、実際液晶と有機ELってどう違ってくるの?という点を実機でじっくり見比べてきました。

Olympus Imaging /E-M5 mark ??

カメラの露出計の精度

/Posted:2015.11.15

カメラの露出計は、その機種ごとによってまちまち。
もちろん古いカメラは感度が鈍くなったりすることもある。

新しい機種でもネガ用にオーバー目に撮影できるように、
遅めのシャッター(もしくは絞りを開く)ように表示する機種もあれば、
ネガ用にアンダー目に撮影できるように、
早めのシャッター(もしくは絞りを閉じる)ように表示する機種もある。

DSLR Liveview.jpg
"DSLR Liveview" by © Bill Bertram (Pixel8) 2009 - Pixel8. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Commons.