Photograph days  

GRⅡを使ってみた感想

/Posted:2016.05.21

GR兇寮睫製颪鬟供璽辰汎匹漾各種設定をカスタムして数日ほどテスト撮影した。 枚数的には400枚弱。ただ、この枚数にJPEG+RAWで撮影したものが重複してるかもしれない。 とりあえず、使ってみた感想(ファーストインプレッションってやつ?)を書いてみようと思う。
 
image
photo by Tomoya Kurashige,RICOH GR2   ポジフィルム調
generated by FlickURL

iPhone 6sのカメラの画質をコンデジと比べてみた

/Posted:2016.05.20

iPhone 6sのカメラ、意外といいんじゃね?
ということで、コンデジと撮り比べて見た。

iPhone標準のカメラアプリと、富士フイルムのコンデジ「XQ1」。
iPhoneはHDRオフ、露出補正もなしでフルオート。
XQ1はPモードでISO100、ダイナミックレンジ拡張100%、フィルムシミュレーションスタンダード。
その他の設定(カラーやハイライト、シャープネスなど)はすべて0で。

Apple iPhone 6 Plus
Apple iPhone 6 Plus / Janitors

iPhone 6sのカメラ、結構いいんじゃない?

/Posted:2016.05.18

iPhone 6sを買ってから子供を撮るのにデジカメの仕様頻度が減ってしまった…。
手元にいつもあってすぐに撮れるという優位性はでかい。

しばらく撮っていたら、「あら?結構iPhoneのカメラでいいんじゃない?」と思うようになった。

スマホのカメラなんてどれもダメじゃーんと思っていたのだが、どうもそうでもない。


iPhone 6 Camera Bump / omarjordanf

早速GRⅡとGR1vを並べてみる。

/Posted:2016.05.16

早々に開封の儀を済ませ、GR1vと並べてみた!
まずは、GR驚影箸如
 
2016_0512_22504400
photo by Tomoya Kurashige
generated by FlickURL
これがGR兇ー。
いやー、友人でGRを使ってる人も結構いるけど自分の手元に来るとはねー。

ポケットの中に高画質買いました。GRⅡキター!!

/Posted:2016.05.16

先日ポケットの中に高画質が欲しいという記事を書いた(当該記事はこちら)が、結局GR を購入。

候補はほぼ富士フイルムのX70かリコーのGR兇っていう状態で、最終的に操作性とかAF性能を比べてGR にした次第。

  2016_0512_22475500
じゃーん、GRのロゴが眩しい!!

モンベルのトラベルポーチ

/Posted:2016.05.14

財布に、スマホ2台、デジカメ、鍵、定期券、その他色々・・・。
最近持ち出すものが多くて、ポケットに収まらなくなってきた。

冬場は上着のポケットが使えたものの、こう暑くなってくると上着を着ないので収納が激減。
そこでなんとかできないものかと考え、ネットで調べた挙句モンベルのトラベルポーチを発見。
ウェストポーチのようにウェストにひっかけて、小物を入れられそう。
これでなんとかできるのは?と淡い期待を寄せて買ってみた。

2016_0510_08561900
Fujifilm XQ1 

サイズはMとSがあり、モンベルのショップで実物を見たところMは結構大きいのでSサイズを選択。

久しぶりにGR1vを持ち出したけど、何を撮れば良いのか分からず…

/Posted:2016.05.14

久しぶりにGR1vを持ち出した。
フィルムはRolleiのRPX400。

フィルムで撮るのは久しぶり。
フィルム機材を大処分した2月以来。
もう三ヶ月くらいか。

吉祥寺に買い物に行くのに合わせてにポケットに突っ込んだ。

しかし、何を撮ればよいのか…なんとも見当がつかない。

Lexar Pratinum II x300を購入

/Posted:2016.05.12

富士フイルムのXQ1にSandiskのExtreme 16GB(転送速度45MB/秒)を使っているのだが、エラーが出ることがあり不安定。いままでに「カードエラーです」や「再生できません」などのエラー表示が出た。

今の所画像が消えてしまうところまでは至ってないのだが、心配なので別のカードに変えることにした。
 
image
photo by Tomoya Kurashige
generated by FlickURL

 

千歳烏山のパン屋FLOR(フロール)

/Posted:2016.05.12

千歳烏山駅の南側にあるパン屋FLORでパンを買ってきた。

千歳烏山に住んでもうすぐ4年になるが、一度も入ったことがなかった。

一時期通っていた内科に行く時に毎回通っていたのでその存在は知っていたのだが。

image

パン好きでも無いし、一時期は結構ストイックに糖質制限していたこともありパン屋に行くことは少ない。

このパン屋の存在を妻に教えたら、ネットで調べて「結構美味しいらしい」と言い出したので一緒に行ってみた。(妻はパン好きだが、出不精なので余り千歳烏山のお店を知らない…)

猫の家跡から大観音へ

/Posted:2016.05.10

根津神社を後にして猫の家跡に向かった。
猫の家は、漱石が「吾輩は猫である」などの作品の執筆時期に住んでいた家のこと。

文京区向丘二丁目、日本医科大学のすぐ脇である。

DSCF1953
Photo by Tomoya Kurashige Fujifilm XQ1