Photograph days  

GRのお陰で写真をまた撮れるようになった

/Posted:2016.05.31

3月に体調を崩してから、写真を撮りに出かけるパワーが出なくなった。X-T10を持ち出して写真に撮るなんてしなくなった(一眼レフより軽量のミラーレスなのに!)。コンパクトカメラを持ち出すことはあれど、その写りには納得できない自分がいた。写真を撮る意欲が下がった。本当は撮りたいのに。

そんなときGRとか写りの良いコンパクトカメラなら持ち出しやすいし、写りも不満は無かろう、買ってみるのもいいんじゃ無いかという考えが浮かんだ。
 
GR2 久我山
photo by Tomoya Kurashige GR?(Snapseedでレタッチ)
generated by FlickURL
 
JUGEMテーマ:写真

GRⅡと富士フイルム X-T10の画質を比べてみた

/Posted:2016.05.29

今回はGR2とAPS-Cミラーレス機の富士フイルムX-T10の比較。富士フイルムのXQ1という小センサー搭載のコンデジと戦い、余裕の勝利をおさめたGRはミラーレスに劣るのか、優るのか?フイルムを長年製造してきたことから、画質には評判の富士フイルムだが、実際の写りは本当にいいのか(いままで仔細に検証したことがない…)?

ハイコントラスト白黒が意外と楽しいGRⅡ

/Posted:2016.05.27

GR兇離┘侫Дトの一つに「ハイコントラスト白黒」がある。多くのデジカメにモノクロモードがあるが、これとはちょっと違う。
その名の通りコントラストが高く、黒は締まり(概ね潰れ気味)、白は際立つ(概ね飛び気味)。森山大道の「アレ、ブレ、ボケ」なモノクロスナップを撮りたくなるハードな仕上がりだ。
 
Hi-Contrast B&W
photo by Tomoya Kurashige, RICOH GR 1/125 f5.6 ISO100
generated by FlickURL

スタバのシーズナルビバレッジ「ストロベリーディライトフラペチーノ」を飲む

/Posted:2016.05.26

フラペチーノを飲むなんて、いつぶりだろう!?スタバにはよく通うけれど、ディカフェのドリップコーヒーを飲むことがほとんどだ。カフェインレス、糖質も取らない。健康第一なのだ。

ストロベリーディライトフラペチーノ
photo by Tomoya Kurashige
generated by FlickURL

じゃ、何故そんなの飲むの?と思うでしょう。実はスタバのeTicketをもらったから。知ってる人も多いでしょうが、スターバックスカードで5000円チャージするごとに一杯無料で飲めるチケットがもらえる。これをドリップコーヒーで使うのは何やら損した気分…。

ということで、珍しくフラペチーノにしたわけでした。

ストロベリーの果肉も入って結構美味しい。たまには甘いご褒美を自分にあげるのも良いもんだね。

Volksでサラダバーを喰らう

/Posted:2016.05.25

家から撮影散歩をスタート。とりあえず東に向かう。いつもは東に出かけるとなると大抵環八沿いにあるスターバックス芦花公園店に行ってしまう。



今日はなんとなくスタバの気分でもなかったので、東に歩きながら少しづつ北上。すると、中央道の下に出ることになる。中央道沿いにそのまま東に出ると環八にぶつかる。ちょうど腹も減ったところで、角にあるVOLKSへ。

VOLKS 高井戸東店

コンデジ同士で写りを比べてみた。GRⅡ vs XQ1

/Posted:2016.05.24

iPhone 6sのカメラが結構いいということで先日記事を書いた。今度は新たに手元に来たGR兇鬟灰鵐妊呼瓜里波罎戮討澆襦今まで使ってきたコンデジ(富士フイルム XQ1)より写りが悪いなんてことになったらせつない…。

GR2&XQ1

GRⅡはポケットにギリギリだった

/Posted:2016.05.23

ポケットの中に高画質が欲しいということで手に入れたGR兇任△辰燭、いざポケットに入れるとぱんぱん。改めて寸法を確認…。

GR1v  :  117 × 61 × 26mm
GR   :  117 × 62.8 × 34.7mm

GR8mmほど厚い。GR1vはレンズを沈胴すれば前面はフラットである。一方、GR兇牢袷瓦縫侫薀奪箸砲呂覆蕕覆ぁレンズ部分がボディから出っ張っている。
 
photo by Tomoya Kurashige
generated by FlickURL

パンツのポケットに入らないわけでは無いが、そのレンズ部分が盛り上がってしまい結構窮屈。タイト目だと無理かも(そういうパンツは持っていないので問題無いが)。GR1vのようにするりとは出し入れできない。

現実には先日購入したモンベルのトラベルポーチに入れて持ち歩いている。基本的には写真を撮り始めたら、常に電源オンのまま手に持った状態なのであまり問題なかったりはする。

それに一度仕舞っても、リュックを下ろして取り出すとか、鞄の中をガサゴソ探すとか、そういう手間なしに取り出せるから良しとしよう。

GRⅡを使ってみた感想

/Posted:2016.05.21

GR兇寮睫製颪鬟供璽辰汎匹漾各種設定をカスタムして数日ほどテスト撮影した。 枚数的には400枚弱。ただ、この枚数にJPEG+RAWで撮影したものが重複してるかもしれない。 とりあえず、使ってみた感想(ファーストインプレッションってやつ?)を書いてみようと思う。
 
image
photo by Tomoya Kurashige,RICOH GR2   ポジフィルム調
generated by FlickURL

iPhone 6sのカメラの画質をコンデジと比べてみた

/Posted:2016.05.20

iPhone 6sのカメラ、意外といいんじゃね?
ということで、コンデジと撮り比べて見た。

iPhone標準のカメラアプリと、富士フイルムのコンデジ「XQ1」。
iPhoneはHDRオフ、露出補正もなしでフルオート。
XQ1はPモードでISO100、ダイナミックレンジ拡張100%、フィルムシミュレーションスタンダード。
その他の設定(カラーやハイライト、シャープネスなど)はすべて0で。

Apple iPhone 6 Plus
Apple iPhone 6 Plus / Janitors

iPhone 6sのカメラ、結構いいんじゃない?

/Posted:2016.05.18

iPhone 6sを買ってから子供を撮るのにデジカメの仕様頻度が減ってしまった…。
手元にいつもあってすぐに撮れるという優位性はでかい。

しばらく撮っていたら、「あら?結構iPhoneのカメラでいいんじゃない?」と思うようになった。

スマホのカメラなんてどれもダメじゃーんと思っていたのだが、どうもそうでもない。


iPhone 6 Camera Bump / omarjordanf