富士フイルム X-T2 | Photograph days  

X-T2のフィルムシミュレーションを大調査。各シミュレーションの傾向をヒストグラムから読み取ろう

/Posted:2017.05.21

富士フイルムのカメラの特徴といえば、フィルム製造で培われた画質。プロビア、ベルビア、アスティアとリバーサルフィルムの名前が冠された「フィルムシミュレーション」が搭載されていることです。

ベルビアはコントラスト高く、彩度も高くて人気のフィルムですし、アスティアは軟調でポートレートに向くフィルムでした。フィルムシミュレーションはこのフィルムの色や階調をデジタルカメラで再現したものです。 X-T2を使いこなすために、各フィルムシミュレーションの特徴を調べてみたいと思います。今回は各フィルムシミュレーションの特徴をヒストグラムから読み取りたいと思います。

X-T2&XF16mmと歩く小石川

/Posted:2017.05.18

用事があって小石川に行ってきました。後楽園から春日通りの坂をまっすぐ登っていけばすぐに着くのですが、そこは写真をとる者として、余計に遠回りをして短時間の撮影です。

小石川
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/680,ISO400
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

X-T2&XF16mmで西新宿の高層ビルを撮る

/Posted:2017.05.14

直線が直線として写ると僕の中で大絶賛の富士フイルム XF16mm F1.4 R WRですが、今回は西新宿の高層ビル相手に試してきました。

X-T2とX-T20 どちらを買うべきか決めるための7つの比較ポイント

/Posted:2017.05.12

2017年2月にX-T10の後継機種「X-T20」が発売されました。X-T20はセンサーや画像処理エンジンがX-T2と同等です。先に発売されていたX-T2を検討していた方にとっては「フラッグシップのX-T2もいいけど、X-T20で十分かもしれない」そう思えるでしょう。

僕もX-T2がほしいなぁ〜と思っていたものの、X-T20が発売されてちょっと悩みました。結果的には3月にX-T2を購入しました。やはりフラッグシップとその下の機種には違いがあるものです。今回はX-T2とX-T20の違いを7つのポイントに整理したいと思います。

富士フイルム X-T2&XF16mmをお供に仙川まで散歩

/Posted:2017.05.03

千歳烏山から隣の仙川まで、ちょっと散歩です。隣の駅まで散歩しながら写真を撮って、行った先で買い物したりお茶したりは僕の日常になりつつあります。千歳烏山も便利ではあるんですが、仙川には島忠のホームセンターがあったり、クイーンズ伊勢丹、西友、丸正など複数のスーパー、そしてスタバや猿田彦珈琲などの喫茶店が多くあります。千歳烏山に無いものが仙川に見事に揃っているんです。

南烏山から上祖師谷、そして仙川へ
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f11.0, 1/125,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

富士フイルム X-T2&XF16mmで調布を歩く

/Posted:2017.05.01

僕が住む千歳烏山は世田谷区内の京王線の駅として最も西の駅になります。もう一駅先の仙川駅からは調布市に変わります。仙川駅周辺は再開発された街なので、島忠があったり無印やスタバなど千歳烏山より新しいお店が多く、結構よく足を運びます。

今回はその調布市を久しぶりにぶらっと歩いて写真を撮りました。スタートは国領駅。そこから北西方面に向かって歩きながらぽちぽちと行きました。お供はX-T2とXF16mmの本気の風景セット。最新のセンサー登載ボディと、本気の高画質レンズってなわけです。

X-T2 XF16mm f1.4
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/350,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

富士フイルム X-T2のダイナミックレンジ拡張機能を検証してみた

/Posted:2017.04.25

富士フイルムのデジカメには「ダイナミックレンジ拡張」という機能が備わっています。これによって、主にハイライト側の白とびを軽減することができます。

他社でも同様にシャドウが暗くならないようにする機能やハイライトが飛ばないようにする機能はあります。富士フイルムでも「シャドウトーン」「ハイライトトーン」という設定値によって操作することが可能です。

今回はダイナミックレンジ拡張機能を中心にその効果や引き換えにどういったデメリット(暗部ノイズを想定しています)があるか検証してみたいと思います。

X-T2のファームウェアを2.0にアップデート。機能アップはいかほどに? 〜その1 感度設定編〜

/Posted:2017.04.23

先月末にリリースされたファームウェアVer 2.00。リリース直前にメディアに乗ったりしたこと、いままでも富士フィルムはファームウェアアップデートを機能追加をたくさんしてきたことなどから最新ファームウェアにかなりの期待をしてしまいます。

遅ればせながら僕もアップデートをしてみたので、アップデートの結果どう変わったのか、使い勝手が向上したのかレポートしたいと思います。今回はISO感度周りの機能についてです。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

X-T10からX-T2になったらこんなに変わったよ!

/Posted:2017.03.28

先日X-T2を購入しましたが、やはりX-T10とは結構異なりますね。操作性はダイヤルが多く、X-T10よりもよりかつてのマニュアルフィルムカメラに相当近づきます。画質面でも同じフィルムシミュレーションでも階調がすこし違うような気もします。

今後はX-T2とX-T10の2台体制になるので、操作の違いになれつつ、設定を同じにできるところはできるだけ同じにしていこうと思います。

では、この2機種の相違点について見ていきましょう。

image
FUJIFILM XQ1, 25.6 mm, f4.9, 1/30,ISO1600
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

買ったとたんに...X-Pro2とX-T2の劇的進化ファームアップデート予告が来た!

/Posted:2017.03.25

数日前、X-T2を勢い余って購入。そして購入からわずか2日後にX-Pro2とX-T2の劇的な機能向上アップデート予告がリリースされました。まじかよ!

今回のアップデート予告は少し前から噂は出ていましたが、いざ発表された内容をみると、よく発売済みの機種にこれだけの機能追加をやって来たなと思います。リリースは3月下旬と5月下旬の2回。3月下旬に大半がリリースされ、5月下旬に6機能を遅れてリリースするとのことです。

詳細は富士フイルムのリリースやデジカメWatchにありますが、僕が個人的に注目する機能アップについてチェックしたいと思います。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B