Photograph days  

X-T2のAFについて続編。X-Pro2でも起きるらしい

/Posted:2017.08.03

Twitter経由で情報をいただきました。その方はボディはX-Pro2ですが、同様の現象(ピントがどこにも合っていないような現象)が発生するそうです。レンズについては下記とのことです。

  • XF23mm F1.4、XF16mm F1.4で起きる
  • 最近発売されたF2コンパクトシリーズのレンズでは現象は起きていない

新しいF2シリーズでは発生しないという点が気になりますね。

井上 美千子 写真展 「木隠の聲をひろう」 を見て来ました

/Posted:2017.07.31

ニコンサロンで開催中の写真展を見て来ました。

X-T2のAFの動作を確かめてみた

/Posted:2017.07.27

ピントがおかしいということで点検にだしていた、X-T2とXF16mmが修理から戻ってきました。同梱されていた書類には異常は確認されませんでしたの文字が・・・。

ボディ内蔵手ぶれ補正搭載のX-T2Sの噂が…

/Posted:2017.07.26

ここのところタイトルの通りボディ内蔵手ぶれ補正付きのX-T2の後継機種、X-T2Sの噂がちらほらと出ています。これ本当だとしたら悔しいなー。手ぶれ補正付きの方が欲しかったよー。

嫌な予感は当たる

/Posted:2017.07.25

祖母が亡くなりまして、通夜と葬儀の予定を母に確認しました。祖母が亡くなったと連絡があったのが日曜日。なんとなく嫌な予感がしていました。水曜日に友人と久しぶりに会う約束をしていたのですが、そこに葬儀が重なるのではないか…。そして、見事に予感は的中し、予定を変更せざるを得なくなりました。

祖母が亡くなりました

/Posted:2017.07.24

前の記事で祖母があとわずかということを書きましたが、昨夜とうとう逝きました。

20時過ぎごろ母からの電話。その時点で祖母のことだろうと直感的に感じました。電話に出ると電話の向こうで母が泣きながら、祖母が何時何分に亡くなったと聞きました。

夏休みの図書館

/Posted:2017.07.21

世の中の多くの学生たちが夏休みに入った。途端、図書館の閲覧席は午前中から埋まり気味になり、午後はほぼ満席状態になった。

ピントがおかしい件、富士フイルムから回答がきました

/Posted:2017.07.20

先日別記事(「どうもピントがおかしいのでX-T2を修理に出しました」)で書きましたが、ピントがおこかしい(どこにも合っていないように見える)現象のため、X-T2とXF16mmを工場に検査に出しました。富士フイルムさんから検査結果の電話がありました。

カメラのメーカーが違うと色が全然違って大変だというお話

/Posted:2017.07.20

このブログでもすでに書いたとおり、GRIIを昨年購入したものの1年ほどで手放してしまいました。その理由の一つが「色」でした。今回はデジカメの色について書いてみたいと思います。

俺、"振れてる"記事を目指そうと思う

/Posted:2017.07.19

SNSでもブログでも、普通のことが書いてあっても面白くもなんともないということはよくあることです。じゃあ、ついつい読んでしまうのは何かといえば、自分の興味がある範囲の中で少し「振ってるもの」なのかなと思います。

普通のことは、普通のことなのですでに知っていたり、新たな気づきを与えてくれるわけではありません。新たなものについての考察、新たな考え方そういったものを面白いと感じ、刺激を受け、吸収していく。だから、継続して読もうと思うし、SNSであればフォローし続けるわけですね。

一方で、単に新しいものだけをザクザクと掘り起こしては、また次の新しいものにスイッチしては同じようなことを繰り返していく。それが本当の面白さなのか?と思う側面もあります。確かに新しい。ただそれは意見や考えが新しいものなわけではなくて、単に新しいものを紹介しているだけになってしまっているからなのかもしれません。その新しいものを通した"体験"が新しいかどうが重要になってくるように思います。

僕のボソボソとしたつぶやきが誰かにとって面白いものになるように、刺激になるように、少し「振ったこと」を書いて行けるようにしたいと思います。つまり、読む人にとって興味を持てる新たな体験をどしどしして、それをぶち込んでいくことになります(できるかなぁ…大丈夫!)

文章力も内容もしっかりしたものを作って行けるように日々精進。応援よろしくお願いします!