X-E3を買っちゃった | Photograph days  

X-E3を買っちゃった

/Posted:2019.06.04

いやー、勢いって怖いですね。twitterではすでにつぶやいてますが、買っちゃいましたよX-E3。いまだになぜ購入したのか整理がついていません・・・。この記事を書きながら(自分的に)納得できる理由が明らかになると嬉しいですが。

ま、理由はさておき・・・今回は中古のシルバーボディをフジヤカメラで購入。お値段は税込56000円くらい。状態はAランク。勢いで入店しちゃったので、何をどうチェックすればよくわからず、しかもフジヤカメラの状態は信じて良い気がするので、あまり入念なチェックをしませんでした(正しくは、「できませんでした・・・」)。とりあえず外観だけはよく見て、綺麗だし(液晶の埃だと思っていたのが傷だったことに家に帰ってから気づきちょっと悲しくなった)、EVFも背面液晶もちゃんと映るし、各ボタンも大丈夫そうな気がする・・・そんな程度でチェック終了してご購入となりましたとさ。

ふと思うと、中古でデジタルカメラを購入するのは初めてだったりする。だいたい中古のデジカメって状態がいいものでも、価格.comの新品最安値と大差なかったりするので、メーカー保証とか新品であることを考えると現行品を買うのであれば中古品を買うメリットはすくないとおもうんですね。それが、X-E3はなぜか新品最安値と3万近くも差があり・・・なぜだ、なぜなんだろう。これなら買いだなと思ったわけです。

今回費用を捻出するために、防湿庫に眠るやつらを4台持ち込みました。X-T10、GM1sと標準レンズ、XQ1、そしてフィルムのGR1v。

  • X-T10:X-T2のサブではあるものの、実質ここ一年くらい出動せず。子供を撮るにも町並みを撮るにもX-T2に劣るので、多少の重量、大きさの差を我慢して(とはいえそれほどでかくも重くもないけれど)X-T2を持ち出していたんですね。
  • GM1s:妻が子供を撮るのによかろうと購入しましたが、当初はよかったのですが妻がiPhoneにしてから概ねiPhoneで撮るようになったので出番が激減。イベントものは富士の2台があるのでお役がない。こちらも最近使っていませんでした。
  • XQ1:撮影に支障がないものの、背面ダイヤルに故障あり。加えてやっぱりコンデジの画質なので出番なし。
  • GR1v:フィルムで撮るのはやめたので記念にとっといた。

昨今のフィルム再燃をうけてか、GR1vはなんと5万円の値段がつきました!(しかも中古で4万円で購入したものです)ほか3台は順当な値段がついて合計約10万円。X-E3とお釣りが返ってきました。新たな出費がかからずに綺麗なカメラが手に入ってホクホクです。

さて、Why X-E3なわけですが、X-T2と同等の画質とパフォーマンスでコンパクトというのが大きなポイントです。一人で撮影に出かけるときならば、X-T2ぜんぜんOKですが、家族と出かけるときにちょっと邪魔。しかも来月ディズニーランドに行く予定まで立てたところ。ディズニーランドにX-T2は邪魔、X-T10は画質とパフォーマンスを我慢しなくてはいけない、GM1sも画質的に我慢がある。XQ1は論外。X-E3のスペックと(中古)価格なら不満が我慢しなくていいし、家族と出かける時も邪魔になりにくい(X-T20という選択肢もありましたがジョイスティックがないのは無理だと判断)。

加えて、現像でもメリットが。同じメーカーの同じセンサー&画像処理エンジンの機種であれば現像でのトーンや色合わせがしやすいんです。GM1sの現像は非常に骨が折れましたし、過去所有していたGRIIのRAWを現像して富士フイルムの色に合わせるのに苦労したりと大変でした。X-T10とX-T2も色の傾向は同じですがシャドウトーンが異なり、X-T10は黒が潰れ気味になるので調整に手間がかかっていました。

というわけで、今後はX-T2を作品撮りのメインに、X-E3は家族撮りのメインにしていく予定です。レンズもそれぞれ18mmと23mmとで使い分けていきそうな予感。テストはしていませんが、ほぼ同じ絵が得られるのであれば、状況により好きな方を使えばいいですから。もしひとり旅に出るようなことがあれば、バックアップを兼ねて2台持ちにもできますし(ひとり旅にでる暇があるか不明)。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-E3シルバー X-E3-S
富士フイルム (2017-09-28)
売り上げランキング: 180,392

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)