XF18mmが欲しい…でも… | Photograph days  

XF18mmが欲しい…でも…

/Posted:2018.01.15

XF18mm f2 Rといえば、X-Pro1と同時に発売されたXマウントの最初の3本のレンズの一つである。

軽量コンパクトな18mmが欲しいのだ

手元にはxf18-55mmf2.8-4 r lm ois 、XF16 f1.4 R WR、XF23 f2 R WRの3本がある。最近のメインは16mmであるが「いざ、撮影!」という時には良いけど、ちょっと出かけたついでに持ち出すにはでかい(一眼レフと比べればコンパクトだけど)。

23mmは軽量コンパクトなレンズで良いのだけど、画角的に少し狭い。やはり35mmフィルム換算28mm相当あたりの画角が欲しくなる。

ズームのXF18mmは16mmに比べれば少し軽いし、少し小さい。でも、単焦点の軽さには敵わないのだ。そう。XF18mmはまさに僕の要求にうってつけのスペックを持ったレンズというわけなのだ。

  • サイズ:ø64.5mm×33.7mm
  • 重量:116g

XF23mmが180gだから、今持っているどのレンズよりも軽くて気軽にもちだせることになるのだ。

買いたいけど買えない4つの懸念

1.XF18-55と画角的に被るレンズにさらに投資するのは、悩ましい

新品で6万、中古でも4万ほどする。今、軽いからといってこのレンズに気楽に投資できる余裕が無いんだなぁ。

2.設計が古くAFの速度や精度に不安がある

このレンズのAFは全群繰り出しのため、決して早い設計では無い。リニアモーター搭載のXF18-55や最新のXF23に比べて遅いのは間違いない。サクサク撮影したいので、AFはとても気になってしまう。

3.このレンズの後継レンズ(mark2)の噂がある

一番大きな理由はこれだ。XF23同様の120fpsのコントラストAF対応や防塵防滴対応、価格もF2コンパクトシリーズ並みになるのでは…なんて期待してしまう。

4.写りがわからない

ネット上でよく言われるのが、このレンズの周辺画質が良くないということだ。像が流れるというが、絞りを絞れば改善するらしい。それがどの程度なのか。いざ買ってみたら残念画質というのでは悲しすぎるから。

結論:もうちょっと待とう

1月、2月は新製品の発表時期だから、後継レンズの突然の発表があるかもしれない。このタイミングで発表が無ければ今年発売されることはまずないだろう。

あとは、できれば六本木に行ってレンタルして実際のパフォーマンスや画質をチェックすることだ。ちょっと面倒だが、確実な方法だ。

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF18mmF2 R
富士フイルム (2012-02-18)
売り上げランキング: 49,888

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)