ギターアンプ探し、始まる | Photograph days  

ギターアンプ探し、始まる

/Posted:2017.10.06

すっかりギターを買いたい気持ちの僕です。

エレキギターは本体だけでは音が出ません。そう、アンプが必要です。しかし、ギターアンプをまともに鳴らしたら、近所から苦情が来ること間違いなしです。若かりし頃実家にいたときには15Wのマーシャルのアンプで心いくまで鳴らしていましたが、マンション暮らしの現在ではそんなこと恐ろしくてできません・・・。

ということで、小音量でもまともな音がでるアンプを探す旅がはじまりました。音量を絞っても音が細くならないアンプ、最近流行りのモデリングアンプならば行けるんじゃないかということでソレ系のアンプをいろいろ物色しては、楽器屋で試してみることに。

モデリングアンプ4機種を試してみた

Marshall Code 25

Marshall ギターアンプコンボ CODE25
MARSHALL (2016-10-27)
売り上げランキング: 5,471

数字の通り25W出力に10インチスピーカーを登載。さすがMarshall、自社のコンボアンプやスタックアンプをモデリング。音を出してみると、うん、まさにアンプって感じ。歪の音が魅力的。でも、マスターボリュームが9時くらいでも結構な音量なので、自宅には厳しそう・・・ということで却下。

Fender Mustang GT 40

Fender フェンダー ギターアンプ MUSTANG GT 40
Fender(フェンダー) (2017-05-23)
売り上げランキング: 2,793

出力40Wだけど、6.5インチスピーカー2発登載なので20Wx2でしょうか。Marshallにくらべれば、音量は小さめ。12時くらいまで回しても大丈夫そう。クリーン系の音が素敵。さすがFender。歪み系はMarshall Codeの迫力には負けちゃうなぁ。一旦保留。

Yamaha THR5

YAMAHA ギターアンプ THR5
YAMAHA ギターアンプ THR5
posted with amazlet at 17.10.06
ヤマハ(YAMAHA)
売り上げランキング: 1,992

突然小型アンプにシフト。これは5Wx2で10W。スピーカーは8cmとかなり小さいもの。でも、小音量で使うにはどのモデリングも温かみのある音でかなりいい感じ。ただ、低音がちょっと足りないかなと思うのと、ツマミがTONEだけでTrebleとかBassのつまみがなく音のコントロールの幅は狭い。上位機種のTHR10はTreble、Middle、Bassのつまみが登載されていて好みの音作りができる。

小型かつ軽量(2kg!)なので、自宅内で場所をとらないし、部屋を移動して弾くのもOK(自分の部屋と居間を移動すると思う)。電池駆動もできるから、電源コードを取り回したり気にしなくてOK!

Roland Micro CUBE GX

こちらも小型アンプ。12cmのスピーカーを一発登載。出力は3Wとこりゃまた小さい。でも、ボリュームを上げていけば十分な音量。自宅で弾くにはOKです。ただ、やはり低音は厳しいかなぁ。YamahaのTHRのほうがわずかに低音が出ている気がする。あと、クリーンも歪も音はYamahaのほうがいいような気がする。やっぱ比べちゃうと物足りなくなっちゃいますね。

これも電池駆動でつかえる、小型軽量(2.7kg)の持ち運びに優れたアンプです。THRとくらべて筐体がしっかりしているので屋外で使うにはもってこい!僕は使わないけど・・・。

っていうことで、却下。

2機種で悩む

4機種を試した結果、残ったのはFender MUSTANG GT 40と Yamaha THR10とずいぶんアンプ出力に差がある2つが残りました。でも、両者に共通するのはステレオスピーカーであること、デスクトップでの演奏を意識したものであることなので、小音量でいい音が欲しい僕にはちょうどいい機種なのでしょう。

THR5は低音、MUSTANG GT40は持て余さないか(音量、筐体の大きさ)というのがそれぞれの懸念点です。ちなみに、THR5よりTHR10のほうが音のコントロールができるし、低音が若干有利なのでそちらのほうがよさそうです。

最後に

最近まったく写真撮ってません・・・。

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)