井上 美千子 写真展 「木隠の聲をひろう」 を見て来ました | Photograph days  

井上 美千子 写真展 「木隠の聲をひろう」 を見て来ました

/Posted:2017.07.31

ニコンサロンで開催中の写真展を見て来ました。

作者は写真表現 中村教室のOBとのこと。期待を裏切らないストレートフォトでした。生活の中で出会ったものを写し取った作品群です。

最近は欧米のアートの流れもあって、コンセプチュアルなものが増えて来ていますが、ストレートフォトは生活の中で起こった視覚的な反射を写真に焼き付ける行為です。明らかに写真の文脈が異なるものです。

写真一点一点には何か綺麗なものが写っているわけではありません。メッセージが込められているわけではありません。それこそ、写真的視覚が訓練されていなければ「なにこれ」で終わってしまいそうな、とりとめのないものが写っています。しかし、写真家はそこにある細かな質感や形といったものに反応するのです。

残念に感じたのはステートメントです。死生観について書かれたものでしたが、写真からはそこまでのものが出て来ているようには感じませんでした。

もしかしたら、僕が分かっていないのかもしれませんが…。生と死というものについては誰もが感じ、考えるものです。故にそれを言葉で語りつつ、写真で見せるのは圧倒的な強さを感じさせないと難しいように感じました。

銀座での開催は明日までです。ニコンサロン大阪でも同展が開催されるそうです。

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)