嫌な予感は当たる | Photograph days  

嫌な予感は当たる

/Posted:2017.07.25

祖母が亡くなりまして、通夜と葬儀の予定を母に確認しました。祖母が亡くなったと連絡があったのが日曜日。なんとなく嫌な予感がしていました。水曜日に友人と久しぶりに会う約束をしていたのですが、そこに葬儀が重なるのではないか…。そして、見事に予感は的中し、予定を変更せざるを得なくなりました。

昨年あたりから、僕が何か行動を起こそうとすると、なにかしら起きるというのが続いてきています。だから、今回も…という気がしていたのです。

写真を本に掲載するために頑張ろうとしたら、妻と子供が同時に病気になる。体調が良くなってきて、行動しようとし始めたら祖母があと少しだと連絡が入って、翌日には子供が熱を出して保育園に引き取りに行く。などなど、他にも色々ありました。

これを「邪魔なもの」と捉えるのか、「越えるべきハードル」と捉えるべきなのか正直わかりません。スムーズに行ってないのは確かですが、そんなに人生スムーズでもなさそうです。

今回の友人との約束がいつ調整つくか若干不安です。友人にも予定があるでしょうし、忙しさの波がいつ来るかわかりません。一方で、あえて祖母が友人と会うタイミングをずらすように仕向けたのかも知れません。「今はまだタイミングじゃないよ」と。

人生は思ったほど単純ではありません。意外なことが逆にうまく行くきっかけになることもあります。今回のスケジュール変更が良い方向に影響することを願います。

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)