俺、"振れてる"記事を目指そうと思う | Photograph days  

俺、"振れてる"記事を目指そうと思う

/Posted:2017.07.19

SNSでもブログでも、普通のことが書いてあっても面白くもなんともないということはよくあることです。じゃあ、ついつい読んでしまうのは何かといえば、自分の興味がある範囲の中で少し「振ってるもの」なのかなと思います。

普通のことは、普通のことなのですでに知っていたり、新たな気づきを与えてくれるわけではありません。新たなものについての考察、新たな考え方そういったものを面白いと感じ、刺激を受け、吸収していく。だから、継続して読もうと思うし、SNSであればフォローし続けるわけですね。

一方で、単に新しいものだけをザクザクと掘り起こしては、また次の新しいものにスイッチしては同じようなことを繰り返していく。それが本当の面白さなのか?と思う側面もあります。確かに新しい。ただそれは意見や考えが新しいものなわけではなくて、単に新しいものを紹介しているだけになってしまっているからなのかもしれません。その新しいものを通した"体験"が新しいかどうが重要になってくるように思います。

僕のボソボソとしたつぶやきが誰かにとって面白いものになるように、刺激になるように、少し「振ったこと」を書いて行けるようにしたいと思います。つまり、読む人にとって興味を持てる新たな体験をどしどしして、それをぶち込んでいくことになります(できるかなぁ…大丈夫!)

文章力も内容もしっかりしたものを作って行けるように日々精進。応援よろしくお願いします!

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)