富士フイルム X-T2&XF16mmで調布を歩く | Photograph days  

富士フイルム X-T2&XF16mmで調布を歩く

/Posted:2017.05.01

僕が住む千歳烏山は世田谷区内の京王線の駅として最も西の駅になります。もう一駅先の仙川駅からは調布市に変わります。仙川駅周辺は再開発された街なので、島忠があったり無印やスタバなど千歳烏山より新しいお店が多く、結構よく足を運びます。

今回はその調布市を久しぶりにぶらっと歩いて写真を撮りました。スタートは国領駅。そこから北西方面に向かって歩きながらぽちぽちと行きました。お供はX-T2とXF16mmの本気の風景セット。最新のセンサー登載ボディと、本気の高画質レンズってなわけです。

X-T2 XF16mm f1.4
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/350,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

国領駅も京王線の地下化で駅前は綺麗なものです。でも、そこからすこし離れると年数のたった家だったり、畑なんかもあります。南側には大きな団地もありますね。

今回は北に向かいましたが、住宅が主で畑がちらほらと現れるという感じです。

X-T2 Xf16mm f1.4
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/500,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL
X-T2 Xf16mm f1.4
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/400,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

北に向かって行くと、一級河川である野川に出ます。野川の手前に材木店がありました。右手に少しだけ見える橋が野川に架かる橋です。

X-T2 XF16mm f1.4
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/400,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

野川からさらに北に向かって行くと、中央高速道路にぶつかります。今回は北西方向に向かっていったため、ちょうど深大寺の高速バス停あたりに到着しました。

X-T2 XF16mm f1.4
FUJIFILM X-T2, 16.0 mm, f8.0, 1/240,ISO200
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

都市部だと典型的な都市の風景、要はビル群か密集した住宅ばかり撮ることになってしまいます。あるいは、スナップショットでしょうか。23区から出て市部に入っていくと、狭っ苦しい住宅地から少し開けた空間が現れる様になります。こういったあたりから、郊外の風景的なイメージになりますね。僕はこういった景色を撮るのが好きなんで、調布市はぴったりかもしれません。

そして新しい相棒のX-T2とXF16mmはご覧の通り活躍中です。XF16mmの写りの良さを実感します。直線がびしっと決まる写真は撮るのも、見るのも気持ちがいいです。デジタルカメラはボディも大事ですが、やはりレンズの良し悪しが写真に現れるということを実感します。いいレンズは自分の写真をレベルアップさせてくれる気がします。

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF16mmF1.4 R WR
富士フイルム (2015-05-21)
売り上げランキング: 76,162

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)