雪の日の翌朝[GRII]

/Posted:2016.11.26

11月24日は11月の降雪としては54年ぶりだとニュースが伝えていた。当日は朝子供を保育園まで連れて行くのが大変だった。

翌朝はよく晴れた。冷え込みは強かったが、空気は澄んでいて、車の上には雪が少し残っていた。

雪が降った日の翌朝
RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR II, 18.3 mm, f7.1, 1/350,ISO100
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

ここのところ自分的に評判のよくなかったGRを持ち出した。光が十分に回っている条件ならば十分な画質であることは認めている。

雪が降った日の翌朝
RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR II, 18.3 mm, f5.6, 1/500,ISO100
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL
雪が降った日の翌朝
RICOH IMAGING COMPANY, LTD. GR II, 18.3 mm, f7.1, 1/160,ISO100
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

そもそもフィルム時代のGRはプログラムか、絞り優先モードしかなく、シャッター優先モードはなかった。しかも、AFはデジタルよりも遅いし決まらない。だから、スナップショットには絞りを絞って被写界深度を深くして、スナップモードでピント位置を2mで固定する。それで被写体にばっと近づいてさっと撮るというのが王道だった。

デジタルでもその撮り方が一番良いカメラなのかもしれない。

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)