GRで子供を撮るのは諦めた!そうだ、GM1sを使おう! | Photograph days  

GRで子供を撮るのは諦めた!そうだ、GM1sを使おう!

/Posted:2016.11.14

いや、もう無理、諦めます! GRはいいカメラなんですが、とにかくAFが全然ダメな子なんですよ。子供がどんどん動くようになってきた今となっては、もうGRのAFじゃ追いつかないっす!

とにかくピント抜けするAF

GRのマルチAFは9点しかありません。しかも、各測距エリアが大きいのでピントはよりコントラストの高い方に引っ張られます。子供じゃなくて別のところにピントが合ったり、子供にピントが合ってるかと思いきや背景の方にピントが行って、子供の顔はピンボケなんてことはしょっちゅうです。

スポットAFやピンポイントAFにすると、測距エリアが小さくなります。しかーし、中央でしかAFが効かなくなります。動かないものであればAFロックしてからカメラを振れば良いのですが、そんなことしてたら子供は動いてしまいます。

顔認識AFができるオートモードも微妙

GRのオートモードのみ顔認識AFが機能します。しかし、認識精度はいまいちです。さらに顔が認識できない場合はマルチAFになりますが、やはりピント抜けしますから…。

そして、なぜか絞りを開け気味にするプログラムになるんです。PモードでF5.6にするような光量なのに、なぜかF4とか。APS-Cの18mm程度のレンズを使っているとはいえ、F4だと意外と被写界深度は浅くて、ちょっとピントがずれただけでも、ピントは甘くなります。最低でもF5.6までは絞りたいのに…。

そういうカメラじゃないのよね

そもそも子供を撮るってのはかなり難しいんですよね。撮影難度が相当高い。動きが予測できないし、距離も近づいたり、離れたり。顔はコントラストが低いのでAFでピントを合わせづらい。

そもそも子供を撮るために買ったわけでは無いんですが、公園に行ったり、買い物に行ったりするときにポケットにさっと入れられるカメラが一番便利なんです。しかもAPS-Cのセンサーなら画質やダイナミックレンジ的にも有利。そう思ったものの、AFがね、厳しかったです。

最近活躍していないGM1sがあるじゃないか!

X-T10を使えばいいんですが、公園に行ったり出かけたりするときは、ちょっと大きすぎます。抱っこしたりすることもあるし、遊具から落ちないように気を配ったりとなるとできれば小さなカメラに越したことはない。

ということで、外での子供撮りにはパナソニックのGM1sを投入することにしました。もともと子供が産まれるちょっと前に妻用に買ったのですが、妻がiPhoneばかりで撮るようになって最近出番がなくなっていました。じゃあこれを使おうと。

GM1sは顔認識精度やAFスピードはGRより断然よいです。センサーサイズがAPS-Cより小さいことから高感度はX-T10やGRより若干ノイジーですが、公園とか屋外の光量下であれば問題ないでしょう。AFポイントは23点、顔認識機能もあり、3人まで名前登録が可能。パナソニックのコントラストAFは爆速ですから、GRより確実に活躍してくれるでしょう。

来週あたり実践投入してみましょうかね!

Panasonic ミラーレス一眼カメラ GM1S レンズキット ブルー DMC-GM1SK-A
パナソニック (2014-11-13)
売り上げランキング: 19,996

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)