X-T2発表 | Photograph days  

X-T2発表

/Posted:2016.07.08

昨日X-T2が発表されましたね。事前にかなりリークが出ていたので、AF機能の改善内容の詳細以外は概ねわかっていたような感じでしたが。

ようやく、2400万画素のX-Trans CMOS機種の二代目が登場ですが、もうX-E3とかは出さないんでしょうか?フラッグシップとなるとお値段も高いですし不要な機能が付いてきます…。

僕の場合X-pro2だと光学ファインダーは要らないです。きっとあれにコストかかってますから、光学ファインダーレスモデルであればもうちょっと廉価にできるはず。

X-T2はEVFファインダーのスペック良すぎですし、高速連写とかもしないので不要です。

いずれの機種まも防塵防滴耐低温ですが、あったらいいなではありますが、なくても困りません。

とにかく2400万画素のX-Trans CMOS3センサーと最新の画像処理エンジンがあってそこそこのEVFがあってくれれば事足ります。

富士フィルムとしては、高性能、高機能でハイアマチュアで商売したいのでしょうね。エントリーレベルのミラーレスカメラはオリンパス、ソニー、パナソニックがすでにいますから厳しいのでしょう。ソニーはAPS-Cが手抜きになりつつあるので、そこで高画質、高性能を売りに戦うというのが正しい戦略であるということは理解できます。

でもなー、高いなー。マイクロフォーサーズに戻るのにはコストもかかるしなー。2000万画素センサーがPEN-fしかないからなー。あれも高いしなー。パナソニックボディは微妙なところが多いからなぁ…。

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 feed-icon 読者になる(RSSに登録)