交換レンズ | Photograph days  

10本もラインナップされた高画質パナソニック製LEICAレンズ【パナライカ】

/Posted:2019.05.17

2017年5月にLEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH.が発売されて、パナソニックから発売されるライカレンズ、通称「パナライカ」レンズのラインアップが8本になりました。そしてそれから約2年、2本のレンズが追加され、現在(2019年5月)では10本のラリンナップとなりました。その詳細スペックをまとめて行きます!

富士フイルム XF16mm F2.8 R WR が発売されて思うこと

/Posted:2019.04.08

久しぶりのブログ更新です。すいません。最近はカメラ関係は買い物をしていません。本日のお題のXF16mm f2/8 R WRも買ってません。でも、気になる存在なのです。

僕はすでにXF16mm f1.4 R WRを持っています。画角的には全く一緒のレンズです。だから、画角的には購入する必要はありません。それでもこのレンズは僕を引きつけるものを持っているわけです。それは言わずもがな、軽量コンパクトであること。XF16mm f1.4 R WRも決して重量級なレンズであるわけではありません。しかも、f1.4の明るさに加えてこの写りですよ。文句を言う方が間違っています。

でも、軽さは正義です。いつでも持ち出せる気軽さ。カバンの中にヒョイっと入れて、ヒョイっと取り出せる。これは日々写真を撮るスタイルにはベストマッチなのです。最近は毎日撮影できていませんが、それでも気軽に持ち出せる方が良いことには変わりません。

加えて僕は絞りを絞って撮影することがほとんどです。f1.4で撮影したことなんてほぼありません。全面均一にピントが来て欲しい人です(実際にはいくら絞っても、全面にピントが来ているように見えるだけですが)。開放は多少暗くても問題ないし、問題ないどころかそれによって軽量コンパクトになって欲しいわけです。

そして、f1.4の最大の問題点、ピントです。このレンズ(僕の所有のものだけかもしれませんが)、ピントが外れやすい。気をぬくと無限遠に行ったり、かなり手前にピントがあったりと油断できません。かといって、僕は拡大してMFで追い込むほどじっくり撮影する方でもないのです。撮影はパシャパシャといきたいわけです。f2.8はインナーフォーカスに加えてステッピングモーターを採用しています。XF23mm f2 R WRを持っていますが、この方式のおかげかこのレンズはピントが外れることはほとんどないです。AFは速くて正確。16mmでもAFスピードと精度は期待できるんじゃないかと思います。

画質的にはf1.4の方が若干良いかもしれませんが、実際どうなのでしょうか。f2.8はデジタル補正が入っているとかいう記事も見かけました。f1.4はデジタル補正なしで歪曲収差を抑えたりと光学的に優れたレンズ。とにかく画質優先ならこちらのレンズなのでしょうが、実際比較したレビューとかがないのでわかりません!僕が人柱になるべきでしょうか・・・

この2本についてサクッと比べてみると・・・

  • 軽量コンパクトならf2.8
  • AF性能ならf2.8
  • 画質なら(きっと)f1.4

と考えて良さそうに思います。あ、お値段は倍くらい違いますね・・・。ちなみに、両方とも防滴防塵。f1.4はフォーカスクラッチ機構を備えてますね(なくても問題なし)。

ああ、誰か比較レビュー出してくれないかな。じゃないと僕が逝かなくてはいけなくなるじゃないですか!!

FUJIFILM 交換レンズ XF16mmF2.8 R WR B
富士フイルム (2019-03-20)
売り上げランキング: 66,189
FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF16mmF1.4 R WR
富士フイルム (2015-05-21)
売り上げランキング: 89,515

結局XF18mm F2 Rを買いました!

/Posted:2018.06.18

いやー、我慢できなくなりましてね。正直正常な判断も出来ずにポチッと行ってしまいました。 >今回買ったのはAmazonの中古。中古をモノを見ずに買うなんて初めてのことでしたが、Amazonギフトがたんまりあったので「ほぼ新品」を選んで買いました。

XF18mmが欲しい…でも…

/Posted:2018.01.15

XF18mm f2 Rといえば、X-Pro1と同時に発売されたXマウントの最初の3本のレンズの一つである。

XF16mm F1.4 R WR 購入レビュー。素晴らしい解像感の高画質広角レンズ

/Posted:2017.06.15

富士フイルム XF16mm F1.4 R WRを購入して3ヶ月ほど使い込んできました。改めてレビューをまとめてみたいと思います。

富士フイルムのオススメ単焦点レンズ「コンパクト単焦点」シリーズ

/Posted:2017.06.04

2012年にミラーレス一眼のXを立ち上げた富士フイルム。最初のレンズは3本の単焦点レンズとするなど、単焦点レンズメインでした。そして、立ち上げから5年が経過した現在、ズームレンズ、単焦点レンズをともにかなりのラインナップを構築することに成功しています。

その中でも35mm(35mm判換算約52mm)を皮切りに3本の開放F2、防塵防滴レンズを含む「コンパクト単焦点」レンズは価格は手頃ながら高画質を実現しています。現在は上記のシリーズに加えて、18mmと27mmを加えた5本を「コンパクト単焦点」として位置付けています。

富士フイルム XF16mm F1.4 R WRの写りがとってもいいぞ

/Posted:2017.04.27

先日X-T2と一緒に購入したXF16mm R WR。むしろこのレンズが欲しくなって、それに合わせてX-T2を買ったと言っても過言ではありません。

「え?何がいいの?」って話ですよね。もう発売から2年程経っており、特に今になって新たな事実が明るみになったといことでもないのですが。たまたま、すげーいいレンズだということに気付いたというお話です。

X-T2 & XF 16mm R WR
Photo by Tomoya Kurashige
generated by FlickURL

フジフイルムXF 23mm F2 WR の弱点は近接開放時のぼやけた描写というけれど・・・

/Posted:2017.03.14

以前紹介したXF23mm F2 WRのレビュー動画記事(富士フイルム XF23mm f2のレビュー動画)でも指摘されていましたが、このレンズは近接開放撮影時に描写が甘くなるというのが、ほぼ唯一で最大の弱点のようです。価格.comでもその件でスレが立ってますね。

価格.com - 『開放で撮ると中央部分がソフトな描写を通り越してぼやける?』 富士フイルム フジノンレンズ XF23mmF2 R WR [ブラック] のクチコミ掲示板

富士フイルムの軽量コンパクトのF2シリーズにXF50mm F2 WRが加わったよ

/Posted:2017.01.29

先週1月19日、富士フイルムからX100F、X-T20と同時にXF50mm F2 WRが発表されました。このレンズは昨年更新されたレンズロードマップに掲載され、2017年の発売が示唆されていました。今回の発表によって正式に発売が確定となりました。

FUJIFILM 交換レンズ50mmF2ブラック XF50MMF2 R WR B

富士フイルム XF23mm F2 R WRをテスト撮影。間違いなく”買い”の単焦点レンズだった

/Posted:2016.12.22

富士フイルムXF23mm F2 R WRをテストしてきました。今回は東京サービスステーションでレンタルしてレビューします。写りや取り回しが良いようであれば、本気で購入しようと思います。このXF23mmF2はAFが早いとのふれこみですが、X-T10との組み合わせでどれくらいのパフォーマンスがでるのか。ズームレンズであるXF18-55と比べて画質が良いのか。その辺を中心にテストしてきました。

では、早速まいりましょー。

Fujifilm XF23mm F2 WR
FUJIFILM XQ1, 13.2 mm, f4.2, 1/40,ISO125
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL