富士フイルム X-T10 | Photograph days  

あれ?X-T10生産完了じゃないの?表示が消えてるよ。

/Posted:2016.10.08

今日ひさしぶりにX-T10の公式サイトをふらっと見てみたら、生産完了の文字がない・・・。あれ?生産完了って記事をわざわざ書いたのに、俺って勘違い?

FUJIFILM X-T10 | 富士フイルム

デジカメinfoの記事を確認してみたら、コメント欄でも同様に生産完了の文字が表示されていないとの記述がある。ちなみに、デジカメinfoの当該記事には、生産完了の表示画の画面キャプチャが貼ってありました。
富士フイルムX-T10の生産が終了 - デジカメinfo

こりゃ、もしかしてX-T2が好調で2400万画素のX-Trans CMOSIIIをX-T20に回すだけの生産ができないとふんで、X-T10延命としたのではなかろうか?

やっぱ、X-T2買えってことかねぇ・・・。

 

サービスに点検に出した後は設定をちゃんと確認しよう!

/Posted:2016.10.02

今日は天気も良く、僕も妻も元気だったので近所の小さな公園ではなく、広い公園に行ってきました。 芦花公園(蘆花恒春園)という公園で、世田谷区の烏山地区では一番大きな公園で、環八沿いにあります。うちからは歩いて20分から25分程度です。

芦花公園は明治・大正期の文豪、徳冨蘆花が晩年を過ごした土地と建物があった場所です。蘆花が住んだ家だけでなく、子供が遊べる遊具、ドッグランがあり、春には桜も咲く公園です。

画面のど真ん中にゴミ?ゴースト?スポットフレアって言うらしいぞ

/Posted:2016.09.30

撮影中、何か違和感を感じた。ん?どうもファインダーの真ん中に紫色のポツンと丸いものが写ってる…。

以前埃がセンサーに乗っていた時は、はっきり黒い影が写ったのだが、今回は逆光時のゴーストのような感じ。指の腹あたりに見えるでしょ、マゼンタの円。

センサーダスト?
FUJIFILM X-T10, 18.0 mm, f22.0, 1/70,ISO400
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

なんと、我が愛機X-T10が生産終了に!

/Posted:2016.09.16

公式ホームページに燦然と輝く赤文字。a「本製品は、生産終了いたしました。在庫状況は、販売店までご相談ください。」
FUJIFILM X-T10 | 富士フイルム

なんとX-T10が生産終了ですよ!フラッグシップの2台、エントリーのX-A3が発売されて、X-T10はしばらく廉価なミドルクラスとしてしばらく販売継続かと思ったのに!!

X-T10と行く深川散歩

/Posted:2016.09.12

友人が清澄白河近くのTAP Galleryで写真展を開催しているので、そのついでに深川をぶらっとしてきた。

4年くらい前まで住吉駅の近くの扇橋に7、8年くらい住んでいた。久しぶりの深川方面なので、以前住んでいたあたりにも足を運んで撮り歩くことにした。

扇橋に住んでいる頃に写真教室に通い始めた。だから、深川はとにかく撮り歩いた。会社が浅草橋にあったから、早めに家を出て写真を撮りながら通勤していた時期もあった。

深川
深川
FUJIFILM X-T10, 18.0 mm, f11.0, 1/80,ISO400
Photo by Tomoya Kurashige

generated by FlickURL

X-T10のセンサーにでっかい埃あった。ビビった。

/Posted:2016.09.12

今日撮影を始めようとしたら、あれ?なんか変なのが見える?カメラを別の方向に向けても、変わらず見えるのでとりあえずレンズにブロワーをかけてみる。

それでもまだ見える。まじかよ、センサーに埃かよ!本来ならちゃんと座って、安全な場所でやりたかったですがそんな場所ないので、急遽立ちながら。

レンズを外すと、おお、1mmほどもある埃が…。いやぁ、センサーに埃って付くんですねぇ。レンズなんてずっと外して無かったのに。ズームレンズなので埃が入りやすいですが、こんなでかいのが付くとは。

電源オフ時にセンサークリーニングが働いてますが、それでもやはり万全ではないですね。とりあえず、さっとブロワーかけたら無くなったので良かったです。

センサーのゴミのことを考えるとオリンパスのSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)は素晴らしいです。ゴミなしです。今回のような経験をしたこともありません。やっぱりオリンパス最強と改めて思わされます。

んー、戻りたいけど体がX-T10に慣れちゃった。

JUGEMテーマ:富士フイルム X-T10

X-T10からX-T2への買い替えを諦めるための10の理由

/Posted:2016.09.08

今日はX-T2発売日です。みなさん早速ゲットしましたか?僕はとりあえず購入延期しました…。予算を確保できず…。嫁さんを説得する材料を揃えられず…。

この気持ちを鎮めるために、X-T2を買わない10の理由をまとめてみました!X-T10ユーザーで「X-T2欲しいなぁ、でも我慢!」という人必見ですよ!

X-T10で撮った写真をAdobeStandardをベースに現像してみた件

/Posted:2016.08.17

Ligjtroomは富士フイルムのフィルムシミュレーションを再現できることはこちらの記事で書きました。
Lightroomのフィルムシミュレーションとオリジナルを比較してみた件

その記事の中で「AdobeStandardはクソ」と書きましたが、突然AdobeStandardをベースに現像にチャレンジしてみる気になりました。もちろん、そんなことをやり始めてしまうのは夜中ですw

Xシリーズの撮影時設定をFlickrで確認できた件

/Posted:2016.08.16

僕が使っているX-T10を始め富士フイルムXシリーズのJPEGファイルはLightroomのライブラリモジュールではどんな設定で撮ったのかわかりません。

パソコンに取り込んだ後に「これどのフィルムシミュレーションで撮ったんだっけ?」「ダイナミックレンジは100%?」とかわからなくなるわけです。

カメラで再生する分には表示されるわけなので画像データのどこかには保存されているはず。僕はMacしか使っていませんが、Macの情報やフリーのExif viewerアプリでは確認できませんでした。

このブログの画像はFlickrにアップロードしているんですが、ふとExifデータを見ていたら、富士フイルム独自のパラメータの存在に気づきました!おぉ!

Lightroomのフィルムシミュレーションとオリジナルを比較してみた件

/Posted:2016.08.12

Lightroomは富士フイルムのフィルムシミュレーションに対応しています。現像モジュールで該当のフィルムシミュレーションを選択すれば、カメラで撮影時に設定したフィルムシミュレーションを再現することができます。

具体的には、現像モジュールの「カメラキャリブレーション」の「プロファイル」の箇所で設定可能です。読み込み時になにも設定せずに読み込むと「Adobe Standard」というプロファイルが適用されます。このプロファイルはコントラストが低くハイライト、シャドウがしっかり再現されるのでRAW現像に向いたプロファイルです。しかし、色再現がそのままではかなりクソです。

Fuji film Velvia.jpg
By Kevin Dooley - Flickr: Fuji film Velvia, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=15897651